Love Lab Kitchen

~料理に少しのサイエンスを、キッチンにクリエイティブを〜

各国の穴場のワインを試してみたい。

f:id:t-dicek:20170605232522j:plain

穴場のワインが気になっています。

ワイン産業が世界へ拡大に伴って、現在ではありとあらゆる品種が、世界中で栽培されるようになりました。それら産地の中には、その品種の故郷に勝るとも劣らない品質のブドウが収穫されて、ワインになっているのも少なくはありません。

また、今まで知られていなかった地方や国特有の品種に目を向けてみるのも面白いものです。

そこで、好奇心旺盛な人限定で、ここで新しいブドウの品種・産地についてまとめてみたいと思います。

まず、フランスのカオールワインの特徴となるマルベック種は最近アルゼンチンでもかなり良い赤ワインになってきました。同じくフランスのコート・デュ・ローヌやラングドックに古くからあるシラー種についても、南アフリカ、オーストラリアなどでよい赤ワインが作られており、最近ではチリの一部でも良質なシラー種ブドウが栽培できることが分かりました。

そして、フランスのロワールのサンセール、プュイーなどで最高の特性を発揮すると言われているソーヴィニヨン・ブランやドイツのラインガウ、モーゼルのラインリースリングが、ニュージーランドミナミシマのマールボロ地域で、本場をしのぐような白ワインになっています。オーストラリアのヤラ・バレー、米国オレゴン州のピノ・ワールやアルゼンチンのバルベーラもその一種です。

なお、“リースリング”の名の付く品種に2通りあるので、混乱しないでください。

通常ドイツなどで“リースリング”と呼ばれている品種は、区別のために“ラインリースリング”と呼ばれています。フランスのアルザスや米国、オーストラリアなどで栽培されているのがこのラインリースリングです。

これとは全く別の品種で、イタリア原産の“リースリング”があります。この品種は、ラインリースリングに比して個性も弱い並み品種で、イタリアン・リースリング呼ばれていて、ユーゴスラヴィア、ブルガリア、ルーマニア、ハンガリー、南アフリカなどで栽培されています。

各国の「知られざる」品種でオススメなのは、次の通りです。

タナー種のAOCマルディランワイン

まず、何といっても、フランスのアルマニャック地方のタナー種です。このタナー種は、脂っこいほどのボディーのある赤ワインになる品種で、AOCマディランワインの主原料となります。この地方の特産であるフォアグラとこの赤ワインの取り合わせは最高でしょう。

最近では、南米のウルグアイでもこのタナー種が栽培されています。

ピノ・タージュ

同じくボディーのある赤ワインとなる品種として、南アフリカのピノ・タージュがあります。名前のように、ピノ・ノワールとシンソーの交配種で、南アフリカでのみ栽培されている品種です。

ワインはどこのやつでも飲んでみたい

このほかぜひ試してみたい品種としては、南フランスのマルサンヌ、コート・デュ・ローヌのコンドリューのヴィオニエ、南仏ランドック地方ピネのピックプール、ブルガリアのギャムザ、ルーマニアのフェテ飛鳥、ハンガリーのフルミントなどを試してみたいなぁ、と思っている次第です。

ワインも所詮はお酒なんやから、固定観念を捨てて、自由に色んなものを試してみたいものですね。


lovelabokitchen.hatenablog.com
lovelabokitchen.hatenablog.com
lovelabokitchen.hatenablog.com
lovelabokitchen.hatenablog.com