読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Love Lab Kitchen

~料理に少しのサイエンスを、キッチンにクリエイティブを〜

ダイエット中だって関係ない、安納芋と蜂蜜の絶品スイートポテト

安納芋のスイートポテト

安納芋の栄養素は熱に強い

先日、立派な安納芋を頂きました。安納芋は熱を加えられてしまうと蜜が出るといと言われていたサツマイモの仲間です。

掘ってから30日程度寝かすことで熟成させると甘さが増します。糖度の割にはカロリーが低く、他の芋に比べても低くてダイエットに最適なお芋ですね。スイートに使われている芋はだいたいこの安納芋が使われていますね。

特に、安納芋は古くから日本人の栄養補給分になっていて、その昔はたとえ飢饉が起こってしまってもサツマイモを食べれば生きるのに必要な栄養素を摂ることができると信じてこられていました。

サツマイモに含まれていて特徴的な栄養素は食物繊維、ビタミンB1、ビタミンC、ビタミンE。これだけの栄養素を並べるとまさに女性の味方ですね。食物繊維で便秘が解消されて、若返りビタミンB1、美はただ効果のビタミンC、、老化防止のためのビタミンE、素晴らしい食材ですね。

しかも特筆したい点は、温めてもビタミンが壊れないということ。ビタミンは他の栄養素と比べて熱に弱いという弱点があります。そのためサラダからビタミンをきっちり摂るためには、生の方がよく、火を入れることはできれば避けたいのです。生野菜を冷たいままで食べると腸に負担を与えることになって一度にたくさん摂ることができない、という問題もあります。

しかし、サツマイモに含まれるビタミンは熱に強いのです。特に安納芋は、熱が加わるとその身デンプンがねっとりとした糊化します。このねっとりした糊が薄い膜となりビタミンや栄養素を包み、加熱されても栄養素を分解せずに済むらしいのです。

安納芋と蜂蜜の美味しい関係

さっきも触れたように、安納芋はその糖度の割にずっと低カロリー。なので、ダイエット中であっても安納芋を使ったスイーツは安心して食べられるかもしれません。ただ、ケーキやプリンを作ったことのある人はそのレシピを見て、そこに書かれている砂糖の量を見てびっくりしたことはありませんか?
 
そこで砂糖の代わりに蜂蜜。安納芋と蜂蜜を使ったスイーツを作れば、砂糖要らずの最強ダイエットスイーツができると思うのです。

蜂蜜も砂糖と同じくほぼ糖分でできています。だけど砂糖が身体を冷やしてしまうので、蜂蜜は身体を温める効果がある天然食材です。血行を促進させて、冷え性も改善されます。

通常、蜂蜜は熱に弱くて加熱してしまうと栄養素が分解されてしまいますが、安納芋の糊化によって蜂蜜の栄養素も保護できます。

身体を温めてくれる蜂蜜と、食物線維の豊富なサツマイモ、美味しく腸に優しくきれいになれる組み合わせですね。

そこで頂いた安納芋と蜂蜜を使ってスイートポテトを作ってみました。

安納芋と蜂蜜のスイートポテト

材料

安納芋・・・200g
蜂蜜・・・・大さじ1
牛乳・・・・大さじ1
バター・・・10g
卵黄・・・・1個
レモン汁・・少量
塩・・・・・少量
 ※牛乳の代わりに飲むヨーグルトを使いたかった・・・
 ※レモン汁、塩はお好みで。レモン汁は香り付け程度。後味がすっきりさせてくれますね。
 ※塩は安納芋と蜂蜜の甘味をより引き立たせるために入れています。

安納芋と蜂蜜

作り方

1.安納芋の皮を剥いて細かく切る

あとでマッシャーで混ぜるので、大きさは特に気にしないでいいですね。ちょっと根も気になったので厚めに皮を切りました。普通のサツマイモに比べて安納芋はオレンジがかっていますね。もう少し日を置いた方が熟成できたのかもしれませんね。

安納芋を切り分ける

2.耐熱皿に安納芋を入れてラップをかけてレンジでチンする。

目安:600Wで7分。

3.熱いうちにバターを投入して混ぜる

マッシャーで混ぜると混ぜやすいですよ。熱いかもしれませんが、そこは我慢して。冷えてしまえばバターがうまく混ざらないですからね。ここでしっかり混ぜることで安納芋の糊化をさらに進めます。しっかり糊化することで、蜂蜜の栄養を保護します。

芋とバターを混ぜて餡を作る

4.次に牛乳、レモン汁、塩、蜂蜜を追加する

ここで、牛乳、レモン汁、塩、蜂蜜の順に加えました。芋が熱いままの状態でやる方が蜂蜜が凝固しないで済みます。

安納芋に蜂蜜、牛乳、レモン、塩を混ぜる

5.アルミ皿にあって1人前ごとに分ける

Seriaにちょうどいいサイズの縦長のアルミ皿があったのでそれを使用。200gの芋で4等分に分けることができました。空気が入らないようにしっかり敷き詰めてみました。

スイートポテトを分ける

6.表面に卵黄を塗って魚グリル、中火で5分焼き上げる

焼き目が付きやすいように表面に卵黄を塗りました。普通サイズの卵1個の卵黄では多いと思いましたが、全部使って塗りました。貧乏性が出てしまいましたね。

スイートポテト焼く前

それで焼き上がりがこちら。
ちょっと焦がしてしまいましたね。やはり卵黄の量が多かったのか、魚グリルだと熱ムラができてしまうので、全面焼き上げるためには仕方ない野ですが。もう少しうまくやりたかった。

安納芋と蜂蜜のスイートポテト

十分に甘いぞ、これで身体にいいなら大満足

安納芋と蜂蜜だけで十分甘いですね。これで身体に良いなら満足ですね。最後にレモン汁を加えたことも聞いていて、結構な蜂蜜の量を入れたかもと思ったけど、レモンの風味が後味に残るので、甘ったるい印象は残りません。

所要時間もだいたい15分ぐらい。休みの日に思い付きで作るデザートとしては100点です。

ぜひ、お試しあれ。

日新蜂蜜 純粋国産 アカシアはちみつ 130g

日新蜂蜜 純粋国産 アカシアはちみつ 130g