読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Love Lab Kitchen

~料理に少しのサイエンスを、キッチンにクリエイティブを〜

糖質オフダイエットで脳も健康に

糖質オフで脳も健康に

脳の健康のためにも糖質オフダイエット

身体の健康とともに心や脳もいつまでも健康に保ちたいものですね。

その脳の健康がいま深刻な危機に瀕しています。認知症患者がどんどん増えてきているのです。

認知症とは、脳の機能が衰えて記憶や思考が低下してしまう病気。厚生労働省によると、2012年には全国の認知症患者は推定462万人でしたが、2025年には1.5倍の700万人を超えて、65歳以上の高齢者の5人に1人が罹患すると推定されています。

糖質オフダイエットは、この認知症予防にさえ威力が発揮されます。とくに認知症の大半をしめるようになったアルツハイマー型認知症に高い予防効果があるのです。

アルツハイマー病型認知症は、アルツハイマー病が原因となって起こる認知症。アルツハイマー病の原因とメカニズムはまだ未解明の部分も大きいのですが、脳内にアミノロイドβという特殊なたんぱく質が蓄積するプロセスで脳の萎縮が起こり、それが認知症を引き起こすという説が有力です。

糖質を過剰に摂るとインスリンの追加分泌が起こり、糖尿病になる過程でインスリンの効き目が落ちるインスリン抵抗性が起こります。脳内でインスリン抵抗性が起こると神経細胞が糖質を取り込めなくなり、脳の萎縮につながります。

さらにインスリン抵抗性が起こると、質を量でカバーしようとインスリン分泌が増加します。

糖尿病患者がアルツハイマーになるリスクが高い

分泌したインスリンが体内に留まりすぎると有害なので、体内にはインスリン分解酵素が備わっています。脳内にも血液でインスリンは運ばれており、脳内でインスリンを分解する酵素が待機しています。

しかし、この酵素は副業的にアミロイドβの分解も担当しています。糖質過多や糖尿病で脳内に流通するインスリンが増えるとインスリン分解酵素は副業をこなす余裕がなくなり、アミロイドβの分解がおろさかになって病的な蓄積が発生。

アルツハイマー病は「脳内インスリン抵抗性」とも「脳の糖尿病」とも呼ばれます。

日本を代表するコホート研究である「久山町研究所」では、九州大医学部が中心となって福岡県久山町で長年にわたり、住民の生活習慣病と疾病のかかわりを調べています。

その結果、糖尿病、糖尿病予備軍である耐熱機能異常は健常人と比べてアルツハイマー病になりやすいことが分かっています。

糖質オフではインスリンの追加分泌もインスリン抵抗性も起こりにくく、アルツハイマー型認知症のリスクが下げられるのです。