読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Love Lab Kitchen

~料理に少しのサイエンスを、キッチンにクリエイティブを〜

残業で遅くなっても大丈夫、15分調理!秋の鮭の柚子胡椒味噌漬けで作ったチャンチャン焼き

f:id:t-dicek:20161027223756j:plain

鮭を柚子胡椒と味噌で漬け込んでみた

季節の変わり目寒くなったり暑くなったり大変ですね。先週まで半袖着てたぞ。おい。
まぁ、でもこれから美味しいもののための秋が始まりますね。

さてさて今日は、先週の週末に鮭が安売りされていたので、鮭の便利な作り置き調理とそのアレンジ料理についてご紹介します!秋の旬食材を使って栄養満点、さらに時短料理の完成です。

先週買った鮭を柚子胡椒と味噌に漬け込み冷凍保存していました。柚子胡椒に含まれる辛味成分が食材の殺菌作用だけでなく、血行促進して冷え性を改善につながり、寒くなり始めた今の季節にちょうどいいですよね。

★材料

鮭の切り身・・・・・4切れ
塩・・・・・・・・・少量
柚子胡椒・・・・・・小さじ1/3
味噌・・・・・・・・大さじ2
みりん・・・・・・・大さじ1

★作り方

①鮭に塩を振り、10分ほど放置
 鮭の切り身は塩を振って10分ほど放置することで余分な水と臭みがとれます。
②鮭の表面に水気が出てくるのでふき取る
③柚子胡椒、味噌、みりんを混ぜ合わせソースを作る。
④広げたラップにソースを塗る。
⑤その上に鮭を載せる。
⑥さらに鮭の表面にもさらにソースをかける。

鮭に柚子胡椒と味噌、みりんを混ぜたソースを塗る

⑦ラップで鮭を包む。(1切れずつ)

柚子胡椒と味噌、みりんソースを塗ってラップに包む


⑧ジップロックに⑦を入れて空気を抜いて冷蔵保存

ジップロックに保存

冷蔵庫で保存する場合は1時間ほど寝かせれば調理に使えますね。冷蔵保存2日、冷凍保存したら3週間は大丈夫です!

柚子の香りと味噌の香ばしさでご飯がすすむチャンチャン焼き

さぁ、この鮭の柚子胡椒味噌漬けを使ったレシピを考えました。鮭と同じく秋が旬の食材で構成した料理がいいな、ということで秋から冬にかけて旬な食材として、白菜、しめじをチョイス。

ほんで残業で遅く帰ってきてしまったので、時間をかけずちゃっと調理したかったので、チャンチャン焼き風にして頂くことにしました。

ちなみにチャンチャン焼きとは、石狩鍋やジンギスカンと並ぶ北海道の郷土料理ですね。鮭と野菜を味噌で味付けして酒蒸しにする料理。野菜もたくさんとれていい感じですね。

材料(二人分)

鮭の柚子胡椒味噌漬け・・・2切れ
白菜・・・・・・・・・・・2枚
ニンジン・・・・・・・・・1/2本
ぶなしめじ・・・・・・・・6房ぐらい
タマネギ・・・・・・・・・1/2個
酒・・・・・・・・・・・・大さじ1
バター・・・・・・・・・・大さじ1
※野菜は冷蔵庫の残り物。

作り方(二人分)

①野菜を適当なサイズに切る。
 (酒蒸しなので薄切りや細かくした方がよく味が染み込む)
②鮭をレンジで8割がた解凍する。
③①の野菜を敷き詰める。
④野菜の上に鮭をのせる。

野菜の上に鮭の柚子味噌漬けを載せる

⑤酒を回し入れて蓋をする。
⑥中火で10分蒸し焼きにする。

鮭の柚子胡椒味噌漬けを蒸し焼きにする

⑦バターを投入。

鮭の柚子胡椒味噌漬けが焼けてきたらバターを投入

⑧再び蓋をして3分程度蒸し焼きにする。

基本酒蒸しなので調理はすごく楽で残業飯としてかなり優秀。蒸している間に包丁とかまな板とか洗えるし、残業終わりの疲れててもそこまで苦にはならないですね。あぁ、作り置きしてて良かったと思った瞬間です。

肝心の味は、柚子胡椒の風味がいい味醸し出しています。柚子の香りと、味噌が少し焦げててご飯がすすみますね。

秋の味覚ぜひお試しあれ。

櫛野農園 ゆずごしょう極々上 80g

櫛野農園 ゆずごしょう極々上 80g

lovelabokitchen.hatenablog.com
魚の皮には栄養満点、苦手な人はこんがりと焼いたムニエルで挑戦しよう - Love Lab Kitchen