読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Love Lab Kitchen

~料理に少しのサイエンスを、キッチンにクリエイティブを〜

タマネギの硫化アリルと、酢のクエン酸で昨日の疲れを残さない

Cooking

筋肉疲労にもタマネギが効果的

日々の活動による肉体的疲労やストレスなどの精神的な疲労で酸素を大量に使うと、細胞などを傷つけて老化を促進する活性酸素が発生します。

活性酸素が増えすぎると、脂肪が酸化して錆びついてしまいます。この現象が血管細胞内で起きると血流が悪くなってしまうのです。

血行が悪くなると、血圧が高くなったり、ドロドロ血液だった場合には血栓を作ります。そして、動脈硬化などの血管病を引き起こすといった様々な悪影響を与えます。

筋肉疲労にもやはり、タマネギが効果的。エジプトでピラミッド建設のために働いていた人々が食べていたという話や「1日1個のタマネギは医者を遠ざける」というイギリスのことわざもあるほどです。

タマネギの主成分である硫化アリル。この成分が、ビタミンB1と結びつくことでアリチアミンという成分を作り出します。この成分は、ビタミンB1の働きを持続し、疲労回復に有効に働くのです。

酢に含まれるクエン酸も筋肉疲労に効果的

また、運動後に酢タマネギを食べることも効果的です。特に、細胞が最も栄養素を求める運動後30分くらいに摂るのがオススメです。

酢もまた、疲労の原因となる乳酸を分解する作用があります。主成分である酢酸は体内でクエン酸に変化して、疲労回復に貢献します。


酢タマネギと一緒にビタミンB1やタンパク質を摂ることで、さらに効率よく筋肉疲労を回復させることができるようになります。

ビタミンB1は、特に豚肉に多く含まれています。それだけでなく、大豆などの豆類、青ノリや焼きノリなどの海藻類にも多く含まれます。

タンパク質は、肉類に多く含まれており、豚肉と酢タマネギの組み合わせが、一番効率よく疲労回復を回復できる組み合わせと言えるでしょう。肉以外には、魚や卵にも多く含まれます。

また、ビタミンCやビタミンEを取り入れることも疲労回復に効果を発揮します。

日常的にこれらを多く含む食材を摂ることで、疲れ知らずの身体にすることもできます。