読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Love Lab Kitchen

~料理に少しのサイエンスを、キッチンにクリエイティブを〜

酢とタマネギの組み合わせで血液をサラサラに

Onion

酢タマネギは動脈硬化の予防にも一役買う

脂肪が多い食品ばかりを食べていると、血液中に中性脂肪や悪玉コレステロールが過剰に増え、血液が粘っこくなります。


粘っこい血液は、ヘドロのようで、血管の壁にへばりつき、血管を狭めるのです。そうなると、血液は流れにくくなり、血圧が上昇。しかも、血管を包む脂肪が白色脂肪細胞になると、血管を圧迫し血管が細くなり、血栓ができやすくなるのです。


血栓は、詰まると心筋梗塞や脳梗塞、脳血栓などの大きな病気をもたらす原因になります。

血圧が高い状態である高血圧は、動脈硬化をもたらします。動脈硬化は血管の一種である動脈を硬く狭くする病気です。本来な弾力があり、とてもしなやかな動脈。硬くなってしまうと、全身に血液が届きにくくなり、必要な酸素や栄養がいきわたらなくなるのです。動脈硬化が起きた場所では、血液の流れが滞ります。これが、脳や心臓の近くで起きると命にかかわってきます。


血液をドロドロにするのは、主に肉類など脂肪分の多い食事。それだけでなく、甘いものの食べ過ぎや飲酒、喫煙などもひとつの要因です。さらに、ストレスや過労、睡眠不足などの生活習慣病も影響します。


慣れ親しんだ毎日の生活を変えるのはなかなか難しいこと。しかし、ドロドロ血液のままでは健康面で不安が大きいのも事実。それを避けるためにもまず、簡単に始められる酢タマネギを食べることから始めてみましょう。


タマネギの主成分である、硫化アリルには血液が固まるのを抑える働きがあります。また、血液中の悪玉コレステロールを減らす働きもあるのです。


さらに、酢には、中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす作用があるため、酢とタマネギから作られる酢タマネギは血液サラサラ効果が大いに期待できる食品と言えるでしょう。

もちろん、酢タマネギだけでも効果は大変高いのですが、他の食材を合わせればより効果を高めることが可能です。

酢タマネギにちょいプラス食材

組み合わせる例を挙げていきます。

キノコ類

キノコ類には豊富な食物繊維があり、コレステロールに一役買います。食物繊維は、血管だけでなく腸内環境の改善もあり、便秘にも効きます。

アボカド

「森のバター」と呼ばれているアボカド。動脈硬化などの血管病を予防する食材として有名です。アボカドに含まれるオレイン酸が、悪玉コレステロール血を低下させ、さらに善玉コレステロール値を上昇させるという働きがあります。酢タマネギと一緒にサラダにするのがオススメです。

大豆

豆腐やおからなど大豆製品。大豆の「大豆サポニン」という特有の成分が血液中のコレステロールを減らして、血栓ができることを予防するのです。

豆腐の上に、酢タマネギを乗せるというだけで簡単レシピや、同じように原料となっている納豆にも血液ドロドロを予防する効果があるので、酢タマネギと合わせやすいですね。


以上のようにレパードリーが増えることで酢タマネギを長く食べ続けることができるようになるのです。

いったんドロドロになってしまった血液も酢タマネギでサラサラに近づけることは可能です。様々な食材と合わせて酢タマネギを毎日食べることを心がけましょう。