読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Love Lab Kitchen

~料理に少しのサイエンスを、キッチンにクリエイティブを〜

電子レンジやオーブントースターを使っても揚げ物やフライができる

調理器具の話 調理器具の話-レンジの話 調理法の話 調理法の話-揚げる話

http://www.flickr.com/photos/43351991@N04/4096718118

揚げ物は美味しい。これは偽りのない事実。

天ぷらは世界に誇れる日本料理。でも、どうしてもダイエットしたい、台所が油で汚れるからイヤ。ちょっとだけ食べたいのにわざわざ油を出すのがメンドクサイ。。。という本音もよく理解できます。


なんちゃって、揚げ物を紹介してみましょう。

なんちゃって揚げ物

まずは鶏のから揚げ。調味料で下味を漬け、片栗粉をまぶすまでは、通常の揚げ物と同じです。

そしてこれを電子レンジに入れてしまいましょう。調理用シートに鶏肉を並べて、サラダ油を少量ずつ塗っていきます。レンジで数分加熱して、上下をひっくり返してまた加熱。これで一応のから揚げ“もどき”が完成します。


トンカツも“もどき”ができます。トンカツは、パン粉を付けたら、フライパンに油を挽いて、こんがりと両面を焼きます。まず、表面だけでOK。

それから電子レンジで加熱して中まで火を通します。味が少々薄くなりますがソースでごまかせる?

小魚や薄い肉のフライもどきは、オーブントースターでも作ることができます。パン粉を付けるとこまでは同じですが、揚げるときよりもパン粉を薄くまぶします。それからサラダ油やオリーブオイルを塗ったアルミホイルに並べ、材料の上から油を薄くかけておく、これをオーブントースターで焼きあげます。


油を塗ったダイエットにならないというなら、この手段はどうでしょう。パン粉をバターできつね色になるまで炒めておきましょう。これは冷ませば冷蔵庫で保存できます。


ササミやヒレ肉、魚に小麦粉をはたき、溶き卵を漬け、最後に先ほどの炒めパン粉をまぶします。それを電子レンジで加熱します。揚げていないけれど、きつね色したフライもどきができます。

機械を使った揚げ物はコツを掴めばうまくいく

電子レンジやオーブンを使う揚げ物は、簡単なようでやってみると難しいものです。材料を置く場所や加熱時間によって熱の通り方が千差万別になるためです。たまに悲しいほどまず物ができることがありますが・・・

機械のクセをつかむと、わりとうまくできるのでトライあるのみです。

象印 あげあげ 電気フライヤー メタリックカカオ EFK-A10-TJ

象印 あげあげ 電気フライヤー メタリックカカオ EFK-A10-TJ