Love Lab Kitchen

~料理に少しのサイエンスを、キッチンにクリエイティブを〜

澄んだ美しいアイスティーを作るには、カフェインとタンニンの結合を抑えること

http://www.flickr.com/photos/53133240@N00/641462022
photo by Muffet

アイスティーが白く濁るのは化学反応の結果

アイスティーを作ったとき、紅茶が白く濁ってしまうことがありませんか?


これは、「クリームダウン」や「ミルクダウン」と呼ばれる現象です。紅茶に含まれているカフェインとタンニンが冷えていく過程で結合し、結晶化し白く見えるのです。


味や成分が変わるわけではありませんが見た目はイマイチ。できれば濁りのない、澄んだ美しいアイスティーを作るには、セイロンやウバ、アッサムとおったタンニンの多い茶葉よりも、少ないものを選ぶと良いでしょう。


アールグレイやニルギリ、キーマン度がオススメ。ダージリンなら、春摘の「ファーストフラッシュ」と呼ばれるタイプはタンニンが少ないようです。

アイスティーを作るときはコップ一杯に氷を入れる

冷やし方にも注意が必要です。カフェインとタンニンは、冷えていく過程でゆっくり結合するのですが、急激に冷やされるとくっつく暇がありません。アイスティーを作るなら、氷をたっぷり入れたグラスに熱くて濃い目の紅茶を一気に注いで急冷するのがよいでしょう。


氷が少なかったり、茶葉を越しながらゆっくり注いでいくと、温度が緩やかに下がっていくことになり、濁りやすくなります。作り置きの紅茶を冷蔵庫で冷やすのも、庫内でゆっくりと冷えていくので、濁りが進みます。


常温に置き、飲むときに氷を入れたグラスに注ぐようにしましょう。


茶葉にお湯ではなく、水を注いだ「水出し」方式で作った方が良いことも。結晶化が起きず、濁ることがありません。ポットに茶葉と水を入れ、冷蔵庫に一晩置くだけで、クリアで美味しいアイスティーが完成します。

Janat(ジャンナッツ) アールグレイ 100P

Janat(ジャンナッツ) アールグレイ 100P