読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Love Lab Kitchen

~料理に少しのサイエンスを、キッチンにクリエイティブを〜

11月11日はチーズの日らしいですよ

食材の話-チーズの話 食材の話

日本古来のチーズがあった

日本でチーズの日が制定されたのは、1992年。1992年以来、毎年『チーズフェスタ』などのイベントが開催され、チーズの普及活動が行われています。


それでは、なぜチーズの日が11月11日に制定されたのか、それは今から1300年以上も昔の話に遡ります。


1300年以上も昔に、日本でチーズらしき乳製品が作られていたことが分かっています。その最も古い記録は、当時は文部天皇の治世、平城京に都が遷都される前の700年10月です。

このチーズらしき食べ物は、蘇と呼ばれる乳製品です。ヨーロッパのチーズとは異なるアジア由来のチーズで、皇族や貴族のみが食べられる高級食材でした。庶民の手には、なかなか手の届かない高級品です。

その製法については確かなことまでは明らかになっていませんが、牛乳をキャラメルのようにゆっくり煮詰め固め、熟成させないものだと推測されます。


滋養強壮に役立つとされ、重宝されていた蘇は奈良時代に当番制で各地から朝廷に献上させていたとする書物もあります。

その書物に記載された日付けが当時の10月で、現代の11月にあたります。11日は覚えやすいように、ゾロ目にしたそうです。こういった経緯もあって11月11日がチーズの日になったそうです。


ちなみに過去の歴史書のみを頼りに蘇を再現すると、味噌のような色で、ミルクの甘さとほんのりとした香ばしさがあるようです。


一度はご賞味あれ。