読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Love Lab Kitchen

~料理に少しのサイエンスを、キッチンにクリエイティブを〜

糖質オフダイエットで脳も健康に

脳の健康のためにも糖質オフダイエット 身体の健康とともに心や脳もいつまでも健康に保ちたいものですね。その脳の健康がいま深刻な危機に瀕しています。認知症患者がどんどん増えてきているのです。認知症とは、脳の機能が衰えて記憶や思考が低下してしまう…

糖質オフダイエットで遺伝子までコントロールできる!?

糖質オフで増えるケトン体が遺伝子の働きを活性化させる 糖質オフで増えるケトン体(β-ヒドロキシ酪酸)は、健康状態を細胞レベルで左右している遺伝子のスイッチをオンにしたり、オフにしたりしていることも分かっています。遺伝子とは、私たちの身体を作る…

糖質オフダイエットで抗酸化作用のあるβ-ヒドロキシ酪酸を増やす

糖質オフダイエットをすることで生活習慣病を予防できる抗酸化物質を生成する 癌や動脈硬化といった生活習慣病や老化の根本原因のひとつに酸化があります。糖質オフで生じるケトン体の一種、β-ヒドロキシ酪酸にはこの酸化を防ぐ抗酸化作用があり、生活習慣病…

食後高血糖による糖化ストレスは動脈硬化の原因!

糖質オフでは動脈硬化が避けられる 高齢者に多い肺炎を除くと、1位のがんに続く日本人の死因第2位は心臓病、第3位は脳卒中です。この怖い心臓病とン脳卒中の背景にあるのは動脈硬化です。改めて定義すると、動脈硬化とは、全身に血液を運ぶ動脈の内腔が狭…

リバウンドを防ぐために、意識してタンパク質を摂る

糖質オフダイエットで筋肉の減少に注意 糖質オフによるダイエットは非常に効果的ですが、その効果を確実なものにするためにひとつ心がけたいポイントがあります。それは筋肉の減少を防ぐ工夫です。糖質オフでは糖新生が活発化しますが、その90%ほどを担うの…

希少糖は血糖値の上昇を防ぐ「夢の糖」

自然界に含まれる微量な単糖が希少糖といいます。 私たちが現在、糖質と呼んでいるものには様々な種類があります。もっとも大きな分子量のものにはデンプン、オリゴ糖、糖アルコールなどの糖質があります。もうご存知のように、炭水化物はこれらの糖質と食物…

お肌トラブルも糖質が原因であることも。糖質オフで美肌が守られる

シワやくすみも糖質による糖化ストレスが原因 健康なだけでなく、生活の質(クオリティ・オブ・ライフ)を上げることも大切です。顔などにシワやたるみがあると老けて見えて生活の質は下がりますが、糖質オフはシワやたるみを予防して若々しい表情を守るアン…

血糖値を上げるのは糖質のみ、だから糖質中心の食生活じゃ痩せれない

肥満ホルモンのインスリンを抑える ダイエットを成功させるためには、肥満ホルモンであるインスリンの過剰な分泌を抑えることが先決です。細胞が血糖を利用するためにはインスリンが必要なので、インスリンは常時分泌されています。これを基礎分泌と言います…

糖質を減らせば内臓脂肪が減りやすい

糖質オフダイエットはメタボにも効果的 糖質オフによるダイエットに成功すればメタボリックシンドロームのリスクが下げられます。メタボとは、肥満が原因となって全身の代謝が乱れた状態。動脈硬化の危険度が上がり、心臓病や脳卒中が誘因されます。厚生労働…

糖質オフダイエットを続けている人は足がつりやすい。原因はペアとなるイオンがバランスを崩しているから

糖質オフダイエットを続けていて身体がつりやすくなったと感じませんか? 私たちの身体のおよそ60兆個の細胞で構成されています。そのすべての細胞の中と外にミネラルがイオンという状態で一定のバランスを保った状態で存在することで、役割を果たしていま…

糖質オフの食事は栄養バランスが悪い?もともと糖質過多な食生活、糖質を抑えることでビタミンの摂取量を賄う

バランスよくいろいろな食材からしかビタミンは効率よく摂れない 食事はバランスよく食べなさい、とよく言われますが、その理由は身体に必要な栄養素を様々な食材を食べることで、初めてビタミンなどの微量な栄養素をちょっとずつ摂取するためと言われていま…

現代人は糖質過多になりがち、ヒトはもともと肉食動物。

人類はもともと肉食。だから糖質過多に適応できるはずがない 糖質過多の食生活が肥満や生活習慣をもたらすのは、ヒトはという動物の整理が運動不足で糖質を大量に食べる生活に適応していないためです。 人類がもともと何を食べていたのかを正確に知ることは…

糖質オフしたら脳の働きが鈍くなる?脂質もケトン体に分解されて脳のエネルギーになる

脳に糖分が不足してしまうと頭が働かないと考える誤解 糖質オフに対する不安の一つは、糖分や糖質を摂らないと脳が働かず、仕事に支障がきたすんじゃないかって思っている人も多いのではないでしょうか。少し頭を使ったからチョコレートを摂らないと・・・と…